Fandom


テンプレート:Infobox televisionチャーリーズ・エンジェル』(Charlie's Angels)は、アルフレッド・ガフマイルズ・ミラーの企画によるアメリカ合衆国のテレビドラマである。1976年の同名のシリーズのリブート版であり、オリジナル版同様、ABCにより放送された。オリジナル版開始から35周年となる2011年9月22日木曜に放送が開始された[1][2][3]が、視聴率低迷により全7回で打ち切られた。

あらすじ 編集

元汚職刑事のケイト、元泥棒のアビー、そして元海兵隊兵士のグロリアは謎の大富豪、チャーリー・タウンゼントに雇われ、若き天才ハッカー・ボスレーのサポートの元、マイアミにある探偵事務所で働いていた。少女売春組織を追っていたある日の夜、グロリアは車内に仕掛けられた爆弾により2人の目の前で爆死してしまう。翌日、ボスレーは爆発の30分前に車の近くにいた人影の正体を割り出す。ケイトとアビーはその人物、グロリアの幼馴染でストリート・レーサーのイヴを尋ねるが…

キャスト 編集

製作 編集

オリジナルシリーズのリブート企画は2009年末より始まり、脚本家のジョシュ・フリードマンがパイロット版のスクリプト執筆のために雇われた[7]。フリードマンのスクリプトは最終的に却下され、ABCは『ヤング・スーパーマン』のクリエイターであるアルフレッド・ガフマイルズ・ミラーが新たに雇った[8][8]

インタビューで、アルフレッド・ガフは何もかもを「古臭い、レトロな」にするのを避けたいと表明した[9]。チャーリー役にはロバート・ワグナーが予定されていたが、スケジュールの問題によりプロジェクトから去った[10]

パイロット版はベテランのテレビディレクターであるマルコス・シーガが監督した[11]。撮影はマイアミに2011年3月8日で始まった[12]

2011年5月13日、ABCはプロジェクトのシリーズ化を決めた。17日、ABCは2011–12年のアメリカ合衆国のネットワーク・テレビ・シーズンに開始し、木曜日の東部標準時で午後8時、中部標準時で午後7時に放送すると発表した[2]

しかし、第4話が放映された直後の10月14日、ABCは視聴率低迷を理由に番組を打ち切ると発表した[13]。元々この時間帯は裏番組の「ビッグバン★セオリー」(CBS)や「Xファクター」(米国版、FOX)が常に高視聴率を稼いでおり、2年前は「フラッシュフォワード」が1シーズンで終了、前年には「My Generation」がわずか2回で打ち切りとABCにとっては鬼門となっていた。低迷打破を期待されたこの番組も、18歳から49歳までを対象とした視聴率が初回放送で2.1ポイント、視聴者数870万人と予想をはるかに下回り、その後も視聴率は一向に上向くことのないまま、開始からわずか1か月でABCは見切りをつけた。ABCは終了発表後、すでに製作されている残り4話を放送したのち、後番組を決定するとしていたが、実際には3話しか放送されなかった。

国際放送 編集

カナダではCTVにより、ABCと同日に1時間早く放送された[14]

オーストラリアではオリジナルTVシリーズを放映したチャンネル9が放映権を獲得。開始前はオーストラリア出身のテイラーを中心とした宣伝を行っていたが、実際の放送は開始からわずか2回で打ち切られ、放送枠は姉妹チャンネルのGO!に移動したが、そこでも最後まで放送することはなかった。

参考文献 編集

外部リンク 編集


en:Charlie's Angels (2011 TV series)

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。